ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

珈琲の店

最近は、仕事が内勤中心のせいか、外で珈琲を飲む機会が減り、せいぜい自分の机でインスタントくらいになった。

そのせいか、休日の朝はペーパーフィルターでいれた珈琲を飲むのが定着した。おいしい豆と、相棒が買って来た道具のおかげだが、お湯を沸かし、フィルターの端を折る朝というのも、なかなか新鮮なものだ。

会社の珈琲は、打合せ前の薬のようでせわしないが、自宅のそれは、まさに高貴な「アロマ」であり、ゆっくりと脳細胞に染み込んで自然の目覚めをくれるようである。

最近は、休日の午後に外で珈琲を飲むことも増えた。
a0193762_1853515.jpg

珈琲豆の会社のお店もあれば、「門外不出」であった、モーニング文化の名古屋からの進出店もあるが、最近気に入っているのが、この店である。

わが家から自転車でも行ける距離であるが、夕方の買い物も兼ねて、昼過ぎにのんびりと車で出かけていくのだ。

ものの10人くらいで一杯のお店であるが、暖かなフィラメント電球の下で、相棒と2人でたわいない話や、雑誌をめくりながらぼんやり過ごす時間がとてもいい。

頼んでおくと、その場で焙煎した豆をひいてくれる。

帰りの車の中は、珈琲の香ばしい香りで充満し、帰宅するまでにお代わりの一杯を飲んだ気になるのだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-02-22 06:33 | 湘南藤沢
<< ビール風 夜ぶり漁 >>