ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

お隣さん

どこかの誰かが「餌付け」をしているのはわかっているのだが、我が家の周りにはにゃんこが多くて、庭にはよく「そそう」をされるし、あちこち「手形」「足形」だらけで困るのだ。

その中に1匹、お隣さんの「飼い猫」が混ざっていて、見分けが付かなかったわたくしは、野良猫共々追い払ったりしていたのだが、さすがに飼い猫は庭に「そそう」はしないようで、「手形」だけなら許してあげるしかない。

最近、その「飼い猫」は三毛で尻尾が長いことがわかった。

昨日、友人宅に出かけようと玄関を出たら、そのお隣さんがわたくしの車の横で寛いでいた。

さすがに、普段は家のソファーで寝転がっているので、寛ぎ方をよくわかっていて、野良猫には見られない”風格”があるのだ。慣れているので、すぐには逃げないのだが、距離をちじめると、「なんだこいつは」という顔でわたくしをにらみ、庭の方に行ってしまった。

追いかけたわたくしに、最初は鉢の陰に隠れたが、
a0193762_18371419.jpg

うら覚えの名前を呼ぶと、さすが飼い猫、「~ちゃん」に反応して顔を出してきた。
a0193762_18371040.jpg

もともとかわいい顔ではないのだが、こわばった表情でこちらを見ている。
a0193762_18374361.jpg

この後、1分ほどにらめっこが続いたが、にゃんこの表情は変わらなかった。

友達になるには時間がかかりそうだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-05-20 07:22 | 雑感雑観
<< 散歩日和 粗食和食 >>