ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

ご住職

境内、社務所前の枝垂れ桜。今年は開花が早いようだ。
a0193762_6291156.jpg
a0193762_631311.jpg

先日の日曜日、昼過ぎから近所のお寺に行った。

このお寺の桜も見事で、川沿いの樹と違い、往来の都合で枝を伐られることもないので、年輪を重ねた大木は、のびのびと青空に向かって春を喜んでいるようだった。

帰りぎわ、枝垂れ桜の前にたたずむ住職さんにお会いした。

御歳94歳。「何代目です」と自らおっしゃっていただいたのだが、このお寺が700年くらい経っていると聞いていたので、その大河のようなご住職の歴史に、地元の繁栄の日々をを思わず想いうかべていたのだ。

それにしても、柔和なお顔に大きな眼が力強く、背は”1度”たりとも曲がってない印象だ。われわれににこやかに会釈をして、手を合わせてくださり、「段差に気をつけて」と、3度も言ってくださった。

晴れた日は、境内を30分から1時間散歩をされるらしい。しばし、話しをうかがってから、枝垂れ桜を何枚か撮った。
a0193762_6312797.jpg
a0193762_6313947.jpg
a0193762_6322747.jpg
a0193762_6334313.jpg
a0193762_6353172.jpg
a0193762_637945.jpg

境内の全ての桜の樹齢をご存知かと思われるご住職さんに送られて、満開の境内を後にしたが、珍しく、桜の樹の下で3人組が、酒盛りで大声を上げていた。

「境内で飲酒禁止」とは書いてないようだが、なぜがそこだけ妙に”浮いて”いたのは、あのご住職さんにお会いした後だったので、なおさらだったかもしれない。

それにしても、あの手を合わせたお姿は、境内にある「上人さま」の像、まさにそのものであったと、後になって気づいたのである。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-31 08:15 | 湘南藤沢
<< イチゴ=84 昼休み >>