ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

整理

横浜に出来た「カップヌードル・ミュージアム」を佐藤可士和氏が企画されたという記事を読んで納得した。

まだ行ったことがないのだが、自分の味のカップヌードルを作ることが出来るなど、話題満載で、ぜひ一度平日に行きたいと考えていたのだ。

「納得」の部分は空間である。
テレビによると、入館するとドーンと吹き抜けの空間が待っていて、およそ博物館らしくないのである。

以前、氏の整理術の本を読んで同感したのだが、整理とは「必要なものを見極める」ということにつきるようだ。
不要なものを削ぎ落としていくことで、「あれはどこにあったかな?」という無駄な時間がなくなり、空間も整理されるようである。

そう、ミュージアムは氏のオフィスと同じ思想のようなのだ。
日常身に付けているものも、一つずつ吟味していくと、鞄の中も財布の中も、すっきりと使い易くなりそうだ。

昔、陽水さんが「探すのをやめた時、見つかることもよくある話で♪」と歌っておられたが、時代はせっかちになり、探す時間がない方が楽に生きられそうではある。

自宅は乱雑なわたくしだが、会社は佐藤氏の思想を取り入れ、整理を仕事の中心に考えている。
今月のオフィスの移動で、空間が狭くなったこともあり、この1ヶ月は廃棄、廃棄の毎日であった。

とりあえず取っておく安心感はわかるのだが、何年も開いたことの無い紙ファイルは中身を見ずに廃棄、廃棄に自信が無いものはPDF化するなどを継続した。

おかげさまで、見た目も実質もすっきりして、「狭いながらも」仕事のはかどる空間になったのである。

さて、昨日はわたくしの父の誕生日であった。
時の移ろいは、幼少の頃には考えられなかったように早く、わたくしの父も驚くべき歳である。

最近は病院に行く回数も増え、子供からしても心配ごとが増えてるのだが、ここ最近の心配は車の運転であった。

友人と話していても、免許証の自主返納や車の処分等、自分のイメージしていた年齢で決断をした方もいれば、「行けるとこまで行くか」とドーンと考える方もいるようだが、事故の多さから、免許返上で買い物クーポン進呈とか、「飴」作戦の自治体もあるようである。

結論的には、わたくしの父は、いきなり車を処分してしまったのである。
実は、最近の運転ぶりを見て、この夏前から、免許返上の説得を重ねていたのだが、元来運転の好きな父であり、車でスーパーに出かけては、トランク一杯に買い物してくる日常であったので、運転出来なくなることは断腸の思いであったと思う。

一つの時代が終わったような寂しさはわたくしにもあったのだが、車は無くとも「足はある」。

むしろ身軽になって、これからも元気に毎日を過ごして欲しいと思い、昨日は2人で誕生日の乾杯をしたのである。
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-31 21:22 | 雑感雑観

秋の散歩

昨日は、秋の日差しに誘われて、午後、大船まで歩いた。
長袖では暑い陽気で、日陰を選びながら歩いた。

城跡を廻り、観音さんに向かう途中のお寺の銀杏。
この木は塩害の影響なく、黄金色の紅葉が楽しめそうだ。
a0193762_19273233.jpg

民家の庭先の柿の木も懐かしい風景。
a0193762_19275584.jpg

大船まで1時間、そこから横須賀線で鎌倉に出て、友人たちの元気な顔を見て、江ノ電で藤沢に戻る。

少々時間が早かったので、江ノ島駅で下車し、半年ぶりにリバー・サイドのお店に寄る。
日暮れ時、テラスでラガー・ビールを1杯。
西の空が茜色になると、急に涼しい風が吹き出し、家路に着いた。
a0193762_19282815.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-29 19:28 | 湘南藤沢

プラズマクラスター

朝のラジオで、春ではなく、この時期の暖かな日を「小春日和」と言うと紹介していた。

朝6時に外へ出たら、けっこう寒くて、朝練も辛くなってくる季節が近づいて来た。
軽井沢の反撃ののろしを揚げないとならないのだが、この週末はのんびりして、来月からまた身体造りを始めよう。

通勤電車の席を、夏場は山側に取り暑さから逃げていたのだが、今朝は陽射しが恋しくなり、海側にした。シェードを下ろしているのだが、まさに小春日和のような陽射しが気持ち良く、うとうとしてしまい、品川のアナウンスで目が覚めた。

急に寒くなった来たせいか、電車の中も咳する人増え、喉を守らねばならない時期にもなって来た。

さて、わたくしの会社の部屋が今月の異動で変わり、今度は低層フロアの真ん中へんになってしまったのだが、スペースが狭い上に、「喫煙室」に近く、空気が最悪である。

今どき、こんな会社があるのかと思う程お粗末な状況だ。分煙の徹底は国の指導もどんどん強化され、ペナルティものであるのに、なんということか。

幼少のころから喉が弱く、よく扁桃腺が腫れたのだが、喉もさることながら頭痛もしてきたりで、このままでは病気になってしまう。先週の軽井沢の空気が恋しいくてたまらない。

いろいろと掛け合いを開始しているのだが、先ずは身を守ろうと、「プラズマクラスター」を買ったのだ。
家でも使っていて、相棒の評価も高い(大事な点)のだが、そのモバイル・タイプだ。

夏には「モバイル扇風機」も買ったが、今年はモバイル機器で身を守るシーンが多いようである。
冬にはモバイルの暖房器具が活躍するかもしれない。

早速、会社のパソコンにから電源を取り使ってみた。微風ながら、あきらかに違う空気が顔にあたり気持ちがいい。喉も楽だし、冷たく湿った感じでお肌にも良さそうである。

最近の機器の性能に感心しながら、どうも「中年男の昼下りの密やかな楽しみ」のようなこそばゆい感じもするのだが。
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-28 21:18 | 雑感雑観

軽井沢

マラソンは散々であったが、この時期の軽井沢はまさに「癒し」の季節である。

週末は雨の予報で、当初は新幹線で往復しようと考えていたのだが、いきなりテレビに車両故障のテロップで、ここは車で行くしかなくなる。

雨の中をR16で八王子に出て、高速を碓氷軽井沢ICを目指す。
R16はいつもどおり渋滞が続いていたが、高速は快適で、荒船妙義の水墨画のような景色を観ていたら、やがて碓氷軽井沢に到着。

台風の影響で、ここもすでに葉っぱの多くが落ちていて、色づきも例年程ではないが、それでも高原の秋は早く芳醇だ。すゞやかな風に深まりゆく季節を感じる。

マラソンの受付を済ませ、いつもどおりアウトレットを覗く。
特別な期待もないのだが、リゾート地の店には、もの以上にそそられる何かがあるようだ。

やがて、アウトレットに飽きて、サイクリングで何度も通った道を、中軽井沢に向かう。
沿道の店も移り変わっているようだ。

夕暮れの頃ペンションに到着。
浅間を背に流れる湯川にほど近い地理である。
オーナーの人柄あふれる建物。道路を隔てた向こうには、遊歩道が配された雑木林が続く。

通されたた部屋は小降りであるが、清潔感溢れ、夕食までの一時をテレビを観ながらのんびり過ごす。

夕食は、メイン・ダイニング。
既にテーブル・クロスの上にフォークやナイフがセッティングされており、時間になると自動ピアノの演奏が始まった。

夕飯のメニューはシンプルな構成ながら、サラダの野菜は濃く、肉の香りも抜群であった。
日本のマンズ・ワインはここにも故郷がある。
ヨーロッパのそれに負けない確かな味わいで、相棒に催促してはグラスを傾けて行った。

前回気になっていた、ミニ・バーで食後のウイスキーを楽しむ。
浅間の氷が溶ける琥珀色の液体に酔いながら、本を眺め、やがてマスターの話に時間を忘れて行った。

軽井沢の秋は、実に癒しの季節である。

酔っぱらいは、明日のレースのこともすっかり忘れ、相棒のくつろぐベットに飛び込み、すぐに湯川の淵のような深い眠りに落ちたのである。
a0193762_21292312.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-25 21:31 | 走ること

猛省します

「そっちじゃないですよ!」とおじさんに制止されたが、「いいんです!」と言って、脇道にそれた。往路11キロ過ぎの地点だ。

復路を懸命に走っているランナーを応援しながら、静かにゼッケンを外し折り畳んだ。
この地点であれば、折り返して来る相棒に会えると思い、待つこと数分、相棒に「リタイア!」と叫び、伴走を開始する。

復路13キロ地点、皮肉にもこの時間から体調が回復し、ゴールに向かって再び走り始める。
もちろん「完走」ではないのだが、軽井沢の別荘地は紅葉も鮮やかで実に気持ちよく、収容バスに乗ることもなく、残り8キロを進む。

相棒は足がだいぶ重くなって来たようで、表情も辛そうであったが、時折ストレッチを交えながら、制限時間(2時間30分)を目標に走り続ける。

最後の関門を15秒前に通過し、無事、プリンス・ホテル駐車場のフィニッシュ・ゲートを2人でくぐった。

相棒は完走、わたくしは2キロショートの結末であった。
もちろん「公認」レースであれば、わたくしのような行為は認められないのであるが、
そこは「リゾートマラソン」、遠方からのランナーを暖かく迎えてくれた(勝手にそう解釈)のである。

原因は、前日の夜から始まる。

5月に一度宿泊したペンションのご主人が気に入り、今回はぜひゆっくり話がしたいと、夕食後にミニ・バーでまた飲んでしまったのだ。
予想どおり、ダンディな方で、地元の話から始まりとりとめのない話で盛り上がっている内に、オン・ザ・ロックを3杯いただいてしまった。

軽井沢の氷とバランタインが絶妙であったのだ。

もちろん、夕食もすばらしく、地元のビールで乾杯、これまた地元のワインもほとんど一人で1本空けてしまったので、少々量が過ぎたようだ。

自制心のある相棒と違い、ブレーキの位置を知らないわたくしのいつものことであるが、後で領収証を見たときに「これは明日のマラソンは駄目だ!」と相棒は思ったようだが、時すでに遅し。
誰か止めてくれい!

そんな訳で、スタート時間になっても、少々残っている感じであったのだが、いつものことで、走り出してしまえば体調回復するだろうと思い、司会のダンカンさんに軽快に手を振りスタートしたのだ。

最初の誤算は暑すぎたことだ。
軽井沢銀座を北上するのだが、結構登りになっており、軽い脱水症状になった。
3キロ地点で、今度はお腹が痛くなり、トイレを探しながらの迷走状態になってしまった。

おかげさまで、5キロ手前で軽井沢警察のトイレの個室を借りることができ、すっきりしたのだが、10分以上のロスと、身体が冷えてししまい、すっかり戦意が萎えてしまったのだ。

ハーフマラソンだと、同じ時間帯に全体が大きな固まりになって動いて行くので、10分以上ロスすると、ほぼ最後尾になってしまうのだ。
案の定、コース上にはもうほとんど人はいなく、コップの残骸を片づけ始めた給水場のおばさんに励まされるものの、頭は真っ白になり、進むかゴールに戻り相棒を迎えるか、思考も定まらなくなってくる。

それでも、このよれよれアスリートは、とにかく10キロ迄は行こうと決めて進み出したのである。
別荘地では、最後の1人迄応援しようと思ってくれるのか、旗を振り大きな声を出してくれるのだが、うつむき加減の自分が情けなかった。

ゴールに向かう、復路の多くのランナーの視線を受けつつ、よたよたととりあえず11キロ地点迄たどり着いたが、「二日酔いランナー」に軽井沢のコースも甘くなかったのだ。

こうして、秋の軽井沢ハーフマラソンは終わった。
走りは不本意なものであったが、軽井沢の秋の空気を存分に楽しみ、ペンションでの語らい、買い物・食事と、実にくつろげた週末であった。

最後まで諦めずに激走する相棒や、老若男女のランナーを見ていると、奥から熱いものがこみ上げて来た。

やはりマラソンはすばらしい。
(わたくしは猛省します)
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-24 20:53 | 走ること

江ノ電

昨夜は、強い雨音で目が覚めた。
今日は日曜日、もうひと眠りである。

昨日は、午前中は天気が悪かったので自宅で停滞。本を読んだりネットを観てすごす。
一昨日、飲んだ後に本屋で「江ノ電」の本を買ったのである。

江ノ電は地元の我々にとっては日常の風景であるが、ジョグしているときに腰越の方から300系が来た時には心躍る。
むしろ最近は、江ノ電に会いたいために、海岸コースを選んでいる感じすらある。

江ノ電に関する本を買ったのは初めてであるが、その歴史・車両の編成・沿線の風景等々何度眺めても飽きない。10キロの営業距離とはいえ、実に奥深いものである。

初めて知ったことも多かった。
例えば、藤沢~鎌倉駅間にはいつも6編成の車両が配置されており、1編成(4両)が江ノ島駅内ですれ違う時に、他の編成は、藤沢駅・七里交換場・鎌倉駅と位置がはっきり決まっているらしい。なので12分間隔のダイヤとなるのだ。
江ノ島駅の引き込み線には、故障時の予備車両が必ず待機しているようだ。

沿線の風景は涙ものだ。

40年前の藤沢駅の風景、鵠沼の田んぼの中を走る車両、どれもこれもわたくしの子供の頃の宝物だ。
当時の江ノ電の藤沢駅は、今の名店ビルの真ん前に丸い木造の駅舎があった。
今でも駅舎に通じる階段が残っていて、そこを歩くたびに記憶が蘇る。
デパートの2階に新駅が出来たのは中学生頃と記憶していたが、やはりそのとおりであった。

一番興味を持ったのが、運行開始当時の路線計画だ。
今の路線の他に、江ノ島~大船間、鵠沼から枝分かれして、辻堂や茅ヶ崎迄運行するプランがあったらしい。
そして、なんと江ノ島駅から江ノ島島内まで、「下垂式」という表記があった。
どうも、現在の大船からのモノレール線は江ノ島島内までの計画であったようなのだ。

鵠沼~茅ヶ崎のルートを想像してみるだけで楽しい。
当然海沿いルートであろうから、大部分は134号の北側を走る。
駅はどこに配置しただろうか、踏切もけっこうあったに違いない、茅ヶ崎駅にはどの辺から曲がって行ったのだろうか。
茅ヶ崎駅~鎌倉駅間は約20キロあるので、今の倍の距離である。たっぷり湘南海岸の風景を楽しめただろう。

来春には青森のローカル線がまた一つ廃線になるようだ。
江ノ電も、東京オリンピックの頃のモータリゼーションの波の中で廃止議論もあったようだ。
a0193762_18233284.jpg

100年を超える歴史は重い。
これからも湘南の街に、軽快なレール音を響き続けさせてほしい。
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-16 11:09 | 湘南藤沢

さざ波

夜中に、吹き付ける風と雨で目が覚めた。
今日は土曜日、もう一眠りだ。

昨日は、用事があり早めに地元に帰り、夕方、相棒と串揚げの店で飲んだ。

最近気に入っている店で、串揚げが主力なのだが、魚料理も素晴らしく、昨日は、しめ鯖と金目鯛の刺身もいただいた。
リラックスして日本酒をクピクピ飲んいたら、結構飲み過ぎてしまい、帰りにコンビニで「日本酒の柚ハイボール」に目が止まり、家でまたクピクピ。

隣では相棒がうたた状態であったが、よっぱらいのおっさんは一人録画鑑賞、桑田さんの「祭りの後」をシャウトしていた。秋の夜は歌も歌いたくなるのだ。

飲んでいるときから雨が降り出し、相棒は自転車を市の駐輪場に預けた。
早くから飲んでいたので、まだ書店が開いていてぶらりと入ってみた。

本屋に行くとだいたい巡回ルートは同じなのだが、昨日はカヤックと電車関係のコーナーに足が止まった。

カヤックといえば、20年前に地元で「サーフ90」という海を舞台のイベントが半年間あり、そのコア・イベントに、「三浦(長浜海岸)→江ノ島・カヤックレース」というのがあり、友人と2人艇で参加したのがきっかけで、シー・カヤックにはまったのであった。

シー・カヤックの話をし始めると止まらなくなるが、一時は2艇保有し、伊豆に拠点を確保、名古屋に住んでいた頃も毎週のように車で伊豆に通っていたのである。多くの仲間に出会い、磯にビバークするなど危険な経験もしたが、楽しい日々であった。

昨日手に取った本には、その頃のカヤックの開発話が載っていて、何人か懐かしい名前が目に止まった。

みんなどうしているのだろうか。

今でこそカヤックは軽くなり洗練され、またいつか「折りたたみタイプ」を持ってみたいなと思ったりしたが、当時の折りたたみタイプは木製のフレーム(音響のビクター社がカヤックも作っていた)から軽金属フレームに変わる時期で、メーカーの担当者は試作艇を海に持って来ては、熱い思いを語っていた。

最近はカヤック人口もずいぶん増えたのだろう、海辺を走っていると、カヤックを乗せた車を何台も見かける。
当時の仲間でもスクールで独立した人もいるが、なかなか盛況のようである。

わたくしは、カヤックでのツーリングが好きで、テントを積んで伊豆半島を回ったこともあった。
この時期、静かな海をのんびりと漂っているだけでも、楽しいだろう。

そんなことを考えていたら、ユーミンの「さざなみ」が聞きたくなってきた。
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-15 10:57 | 湘南藤沢

まだまだ燃焼中

「まるまるもりもり」と呪文を唱えていたら、いつのまにか爆睡してしまい、気がついたらなんと8時ではないか。
今日は祝日だが月曜日なのでゴミの日だ。

昨夜の雨が夢のように気持ちのよい晴れの日で、午前中は、ダンベルを振り回したり、机をかき回したり、クローゼットの中身をぶちまけていたら、すぐに昼になってしまった。

今朝も生姜紅茶やら、チーズにフルーツなど健康的な食べ物でスタートしたが、3日目となると体調の変化も感じられてくる。ずいぶん身体が軽くなったようだ。
腹筋だってスイスイ50回である。

午後からは出雲駅伝を観た。
今年の正月の箱根駅伝の幕引きを彷彿させる2校のつばぜり合いに興奮していたら、ややや、もう3時半ではないか。こうしてはいられない。

今日も相棒とジョグで七里まで。
これで予定の30キロは十分消化し、軽井沢へのモチベーションも自然と上がって来る。

海は今日も静かで、夕凪が何とも優しい。
優しさに包まれながら、快調に七里まで走破し、帰路はクールダウンで江ノ島まで歩いた。

10月の夕暮れの江ノ島は、3連休の終わりにふさわしく、穏やかな表情でたたずんでいた。
これで明日からはまた元気で仕事に励めそうだ。

「基本的な生活」に気合いを入れた連休であったが、七里ですれ違った江ノ電の300系も実に気合いが入っていたのである。
a0193762_18511095.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-10 18:51 | 走ること

燃焼中

一昨日・昨日と、夜になると強い雨が降り、涼しさを増している。

ベランダのメダカはあいかわらず食欲旺盛で、朝、住処に顔を近づけると、一斉に寄ってきて餌をねだる。
今年は子メダカも100匹近くになっただろうか、少しでも大きくなって冬を迎えて欲しい。

土・日とも同じような1日になった。
3連休で最低でも30キロを目標にしていたが、ここまでで20キロを超え、何とか目標には届きそうだ。

たった2日でも、身体は敏感に反応してくれる。走りの感覚が戻ってくるのだ。

昨日も午前中は家でのんびりして、午後からジョグに出かけた。ジワリ汗をかくくらいの気温が心地よい。
2人とも好調に、七里まで距離を伸ばした。

沖には無数のセイル、陽光がきらきら眩しい。

七里の神社ではお祭りをやっていたが、終盤のようで締めの手拍子が勢いよく海辺の路地に響いていた。
七里の住宅地を登り、頂上の商店街で一休みする。
「珊瑚礁」の前には大勢の人が順番を待っていた。いつもの休日の風景だ。

住宅地も先日の15号台風の影響が大きく、街路樹の葉は枯れて落ち、庭の掃除真っ最中の家もあった。
a0193762_10293516.jpg

ホテルの坂道の松も、まるで紅葉したように茶色くなり、なにやら寂しい景色であった。

帰りは江ノ電に乗る。ほぼ満員状態で、湘南の海に歓声あげる人多数。

土曜日にリニューアルオープンしたスーパーで買い物し、夜は大好きな相棒餃子。休みなので臭いを気にせずニンニクもたっぷり摂取。

充実の土・日であったが、あらためて、食べ物を真剣に考え、身体を動かし、睡眠を十分取るという基本的なことが大事だと思った。

わが「燃焼系」も順調のようで、「鏡餅」は正月明け頃の固さに向かっているようだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-10 10:30 | 湘南藤沢

燃焼系

スポーツの秋。
昨日も片瀬の小学校では運動会をやっていた。

それなのに、わがお腹は、前から見ても横から見ても、季節はずれの「鏡餅」である。
テレビでタレントの「デブ比べ」をやっていて、「やっぱり油ものの摂取量がすごいなあ」などと、微笑ましく観ていたのだが、鏡で見た我が腹もたいして変わらないではないか。

この夏は、例年以上に活動量が低下し、それなのに白米たっぷり、ビールもたんまり楽しんだツケではあるのだが。仕事では意に添わんことありでストレスたまり、どうもホルモンのバランスも崩れつつあったようだ。

人間ドックの結果は、昨年とほぼ同じ数字が並び、とりあえず再検査の指摘はなかったが、中性脂肪の数値が上がっていたのが気になる。

軽井沢マラソンまであと2週間しかないのに、このタポタポお腹で、無事完走できるのか。

「秋の爽やかな高原の空気を吸って、おいしいものも食べれれば十分」と、早くも戦闘モード消失みたいにうそぶいているが、アスリートの意地で、ここから身体を追い込んで、なんとしても完走しなくてはならない。

そんなこんなで、この3連休は、ある本を参考に「内燃型」の身体に変えようというプロジェクトをスタートさせたのだ。
燃焼というと、某飲料メーカーのCMが話題になったが、やはり「ねんしょうけい、ねんしょうけい♪」と自然に口から出てきちゃう。

ともかく、この秋は「燃焼系」だ。
身体の中から暖めて、中性脂肪削減下半身筋肉量アップで体力向上という図式である。

さて、昨日は天気良く、午後から久しぶりに相棒と腰越までジョグした。
我が家から腰越までは約7キロあるのだが、秋の風を心地よく感じながら、お気に入りの江ノ島古道をのんびりと楽しんだ。

いい季節が来た。

身体を動かすのと併せて、プロジェクトのポイントは食べ物だ。

昨日のブランチは、手作りのホットドックに生姜紅茶。
走った後は玄米茶を飲み、夕飯は、秋田産しいたけ焼き・大好きなサンマの刺身・レンコン焼き・らっきょう漬け・納豆に黒ゴマというメニューが並んだ。もちろんビールも我慢。

全体的に色の地味な食品が多い。
地面に近いところで取れる食品が燃焼系のポイントであるようだ。

特に生姜はよく効く。摂ったそばから胃の奥がポカポカしてきて、気持ちがいい。早速燃えている感じである。

そういえば、プロ・ピッチャーの工藤さんの家では、夏でも熱いお茶に鍋料理で身体を暖めるらしいが、その徹底ぶりであのご年齢まで現役でいられるのだろう。

今日もいい天気だ。
午後からまたジョグに出かけようと思う。
燃焼系2日目の朝も、絞りたて生姜を入れた紅茶でスタート。

さあ、今日も燃やすぞ。

追)昨日、話題の軽いダウンジャケットをUで買った。本当に軽くて暖かそう。この冬は大活躍しそうだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2011-10-09 11:34 | 湘南藤沢