ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

<   2012年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

嵐の前

今朝の西洋屋敷
a0193762_943250.jpg

昨夜は相棒に小言を言われながら布団に入ったら、なぜか湘南の海が大荒れの夢を見た。
夢どころではなく、今夜は大荒れの天気になりそうだ。昨日のうちに、ベランダの鉢類は部屋に移動し、物干し竿も格納した。瞬間最大風速40m以上の予報も出ており、今日は早めに帰宅し、小言を言われようがとっとと寝てしまうのが賢明かもしれないのだ。

久しぶりに西洋屋敷に散歩にでかけた。明日からは10月。最近は日の出も6時近くになり、出勤前の散歩も時間がなくなって来た。

西洋屋敷の周囲にも彼岸花が咲き、邸へのアプローチも、右に左に鮮やかな紅色が見える。次回の開放日は10月8日だ。その頃もまだ花が残っているかどうかだが、邸の中は1月前とは違った風景になっているだろう。入り口掲示板も再び予定表で埋まり、すでに12月のクリスマス・リース作りまで掲載されている。
a0193762_951490.jpg
a0193762_953039.jpg
a0193762_955154.jpg

西洋屋敷から大回りし、旧東海道沿いに家にもどる。道路沿いの土手の彼岸花もみごとであったが、造園関係の学校前の花々も良く手入れされていて和ませてくれる。
a0193762_963222.jpg

ところで、昨日の夢には、「わたくしが荒れている海を見ている間に、一緒に自転車で出かけていた相棒が買い物に行ってしまうのだが、わたくしがいくら携帯操作しても、つながらない」という続きがあった。何度番号を押しても、違う番号が入力されてしまうのだ。

夢の専門家からしたら、これはいったいどんな状況なのだろうか。


台風接近にメダカの水槽も厳戒態勢。再び仔メダカが生まれ始めたのだ、昨日今日と30匹以上すくい、部屋の中の3号水槽に移動。
a0193762_10525032.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-30 10:48 | 湘南藤沢

里山公園

a0193762_18323840.jpg

昨夜は2時頃まで、ユーチューブで音楽鑑賞。なぜか眠くならず、お酒を片手に懐かしの70年代に聴き入ってしまった。

それでも、朝の散歩に行こうと思い5:30に起床するが、まだ暗いし寒いしで再び布団に潜りこむ。布団のぬくもりが恋しい朝になって来た。うとうとして、はっと眼が覚めると7時過ぎ、BSで「梅ちゃん先生」の最終回が始まる時間ではないか。

朝方怪しかった天気が、昼に近づくにつれ妙に安定してきて、真夏のような天気になった。髪の毛がもやもやしてきたので、マラソン大将のお店で、バリカンを入れてもらう。

昼過ぎから2人で市場に買い物に出かけたが、相棒が「里山公園」と最近言っていたのを思い出し、足を伸ばす。いまいち場所がはっきりしてなかったのだが、彼岸花の咲くあぜ道で、地図を発見。みごとにたどり着いたのであった。
a0193762_18333847.jpg

a0193762_18353100.jpg

a0193762_18403317.jpg
a0193762_18405493.jpg
a0193762_18412775.jpg

a0193762_18441873.jpg

a0193762_1842981.jpg

里山は、素晴らしくもこの地方の谷戸の風景を残していて、昨夜聞いていた「新日本紀行」のテーマソングが流れて来そうであった。

家から車でたいした距離ではないのだが、なんか小さな旅行をしたような気分になった。

彼岸花がみごとな田んぼでは、コンバインで稲の借り入れの真っ最中だ。その作業をぼんやりを見ていたら、なぜか今朝のわが頭の刈り込みを思い出してしまったのだ。
a0193762_18431191.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-29 19:03 | 湘南藤沢

異動

ローテーション人事により、来月から別のグループで仕事をする。
今の仕事は実に16年担当させてもらい、想いもひとしおであるが、世代交代・新陳代謝はとても大事なことなので、今日で今のメンバーとはいったん「さらば」なのである。

異動が決まってからは、お世話になった人にあいさつしたり、飲んだり、また今週は自分の「壮行会」をやってもらったりした。ありがたいことである。

机の中を整理していたら、なんと書類や資料のの多いこと。手元のものは大概コピーで、「見ることもあるかな」という気持ちでストックしていたのだが、ほとんどの資料はまったく取り出してない。一気にシュレッダーしたらすっきりしたのだ。
a0193762_6244592.jpg

さて、今度の仕事は未体験領域である。会社に何年いようが、全ての業務を体験できることなどあるわけないのだが、「未体験」というものは、いくつになっても、興奮・緊張するものである。

今度は、手書きで記録する場面が多そうであるので、ノート用のカバーを新調した。最初は、システム手帳に挑戦しようかなと思ったのだが、重いし、ぎょうぎょうしい感じがし、値段も相当高いのですぐに諦めた。

文房具売り場でうろうろしていたら、いいものを発見した。ノートが2冊はさめて、その他付箋やらペンやらが格納できるなかなか優れものであるようだ。

a0193762_211260.jpg

今夜は、相棒が、わたくしの好きな料理を作って待っていてくれた。
アクアパッツァ、ポテサラ、そしてフォカッチャ(これは買い物)と。なにやら書いているだけで指がもつれそうであったが、冷蔵庫で冷えていた地元ビールのうまいこと。

わたくしが買って来た、スペイン産の発砲ワインも、あっという間に2人の喉を通過してしまったのだ。

相棒からの一言「お疲れ様」が、なんともうれしい夜でした。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-28 21:06 | 雑貨一品

高校文化祭

a0193762_14125338.jpg

近くの高校の文化祭で、近所の西洋屋敷の紹介をするというので、手伝いにでかけた。
高校の教室に入るなんて滅多にないことだし、文化祭の様子も見てみたいと思った。

10時前に着いたのだが、すでに文化祭は始まっているようで、校内は活気に満ちていた。どの生徒も「おはようございます」と行儀良く、気持ちよく割り当てられた教室に向った。

われわれの部屋は端っこの方で、今日は実際のところそんなには来場者がなかったが、それでも写真パネルを熱心にご覧になり、質問をされる方もいた。もちろん、生徒も観に来てくれたが、ここの生徒は授業の中で西洋屋敷の庭掃除もやってくれたらしい。
生徒からNPOについての質問も出たりしたが、この頃からボランティア活動に興味があるとは見上げたものである。

中庭には模擬店が広がり、軽音楽やらオーケストラの賑やかな音が響いていた。AKBみたいな衣装の女子高生もたくさん。楽しそうだなあ。
カメラを持参したが、女子高生を撮ってる怪しいおっさんと思われると、西洋屋敷の保存にも影響があるとまずいので自粛したが、1枚くらいは良かったかなあ。
a0193762_14124239.jpg

学校は川沿いにあるのだが、教室からは地元の街並みや森が見えた。実に環境よいのだ。遠くには、近々にオープンする、横浜市の公園の森が。古の財閥の屋敷を市が買い取り、公園として整備していたのだ。

帰りに公園の前を通ってみると、すでに駐車場は完成していた。家から歩いていける距離であり、この秋の楽しみがまた増えそうだ。
a0193762_14132462.jpg

●「湘南邸園文化祭2012」も10月に入りプログラム急増。サンマの秋、文化の秋。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-22 15:08 | 湘南藤沢

a0193762_833434.jpg

昨日は定時退社の日。この夏は早々に帰宅する日が多かったが、来月から部署が変わり定時退社とはいかなくなりそうだ。

10月に向かい飲む日が少々多くなり、昨日も会社のロビーで待ち合わせて繰り出した。

会社を出て直ぐに、2人揃って「あっ、虹だ!」と叫ぶ。東の空に一瞬であったが鮮やかなアーチが。

祈る間もなく消えてしまったが、心機一転、実りの秋を迎えたいものだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-20 08:33 | 湘南藤沢

千鳥足

夕方の西洋屋敷あたり。
a0193762_18252945.jpg

ホームゲレンデの新橋からの千鳥足。地元駅前飲み屋からの千鳥足。何度あったか数え切れないが、なんとか無事に帰宅してきたのである。どうも、人には「酔っ払っても曲がる角を覚えている」機能が備え付けられているらしい。帰巣本能だ。

さて、3連休最終日の今日、昼過ぎから飲みたくなり、友人宅に転がり込む。そんな日もあるもんだ。夕方まで飲んで千鳥足で帰宅。直線距離でおよそ200m、「千鳥」でも「雀」でも安全な距離である。それでも、R1という車の多い道を渡ったりするので、注意に注意を重ね家に向うのである。

まっすぐ家に向うにはまだ明るかったので、西洋屋敷あたりを”用心深く”歩く。酔っ払ってこけないように注意はもちろんだが、ほっぺたが赤いおっさんは「こんな時間に?」と、地元住民に不信感を与えてしまうのだ。
a0193762_18254212.jpg

邸園から杉の香りが風になびき、酔い覚めに心地良い感じである。「フィトンチット」というのか、針葉樹には心落ち着かせる何かがあるようである。
a0193762_18255995.jpg

夕方帰宅後、ゆっくり風呂に入り疲れを流す。夕飯は、相棒が本日こねたパンと、ベランダのバジルをたっぷり使ったパスタだった。ジャムも手作りで、全てうまいのなんの。いろいろあった連休であったが、おいしく締めくくったのだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-18 06:13 | 雑感雑観

水耕栽培

a0193762_6524324.jpg

この夏は、あの台風による塩害の後、ゴーヤやキュウリも植えなおしたりしたのだが、生育が悪く、収穫もほどんど無かった。例年だと、ゴーヤなど食べきれないほど採れるのに、いったいどうしたのだろう。

ミニ・トープに植えたハーブも元気がなく、むしろ先週バケツに植えた室内のハーブの方が元気なくらいだ。枯れ始めた弦もわびしい感じなので、ゴーヤやキュウリは、先週ネットから撤去してしまい、プランターの土も休ませてある。

ナスも時期を過ぎてしまい、さて、秋野菜をどうしようかと考えていたのだが、先日本屋で「土を使わない野菜づくり」という本を発作的に購入してしまい、この秋、まずは「水耕栽培」から始めてみようと思ったのだ。

本を読んでいると、実に多くの種類の野菜が、水と液肥だけで育つようなのだが、クレソンあたりが入門しやすいようなので、早速、昨日スーパーの買い物のついでに、クレソンとアルミフォイル2巻、スポンジなどを買った。

セットは簡単だ。2ℓのペットボトルの上の方をカットし、じょうろの様にさかさまに本体に置く。スポンジに切れ目を入れクレソンを挟み、後は水を入れるだけだ。ポイントは、ペットにアルミフォイルを巻きつけるところだ。日差しを遮り、豊栄養を避けるようだ。

これで、根が出てきたら液肥を足し、生育させる。とりあえず、プラのトレーにクレソンを2本並べた。今回のクレソンは「山梨産」と書いてあった。以前、道志川でキャンプをしたときに、近くの「道の駅」で必ずクレソンを買ったのだが、水が良いのでほんとうにおいしかった。わが家のクレソンも発育が楽しみだ。

藤沢メダカがまた卵を産み始め、水槽の中に稚魚を発見した。水草を買いに専門店に行ったら、この時期も活発に産卵するとのこと。昨年、一昨年はそんな記憶がないのだが、暑さが続くのも原因の一つだろうか。産卵時期に与えると良いという餌を勧められ、早速購入。裏を読むと「高カロリー・高タンパク」と書いてある。まさに「機能性食品」だ。
a0193762_6531054.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-17 08:19 | 飼育日記

記憶の沼

今朝の西洋屋敷あたり。
a0193762_8302479.jpg
a0193762_8304828.jpg

昨夜は、相棒特製の「盛岡冷麺(焼肉添え)」とビールで満足し熟睡。今朝は5時半に起きて散歩にでかけた。
この頃は陽射しがあったが、今日から雨の予報、今週は超大型台風16号の遠い影響があるのか、傘マークの1週間だ。

西洋屋敷の前を歩いていたら、邸内の木にリスの気配。しかしそのままどこかに消えてしまった。ところが、畑の道に向おうと切り通しへ歩きかけたら、頭上でがさがさ音が。見ると、電線の上を雑木林の方から台湾リスが走って来て、そのまま邸園の中へ。どうもリスは、電線を使い、周辺の雑木林と邸を行き来しているようだ。

さて、今朝は畑の中の”第3ルート”を歩いた。このルートは砂利道だが、かわいい花園が造られていたりで、なかなか楽しい。複式呼吸をしながら歩いていると、ふと幼馴染がいつか「あの沼まだあるよ」と言っていたのを思い出した。
a0193762_8312057.jpg

その沼は、この鎌倉野菜畑の北側、「関谷」という地区にあった。おそらく、農作業用の「ため池」であったのだろう。うっそうとした林の中にある小さな沼であったが、ここもまた悪がきどもの秘密基地であったのだ。

記憶を頼りに沼に向ったが、考えていたとおり、沼への入り口は、横浜から江の島へ向う計画道路のインターチェンジの下であった。いつもは通り過ぎている場所なのだが、下から眺めるとなかなかの迫力だ。
a0193762_8315326.jpg

鎌倉の西の外れのこのあたりは、けっこう複雑な地形になっていて、小さな谷戸地形が今でも点在している。沼は谷戸の一番奥にあるはずだが、その入り口には神社や大きな農家があり、里の原風景が今でも見られるのだ。
a0193762_8321135.jpg
a0193762_8322648.jpg

農家の庭先のような道を登って行くと、家並みが途切れ畑が広がった。あぜ道のような細い道になり、藪の中を進んでいく。早朝なので人影なく、少々心細い感じになったころ、道はいよいよ行き止まりのようになり、記憶のある地形にたどりついた。ただ、沼を探したが見つからず、大きなくぼ地に清水が流れていた。

間違いなくそこが沼のあった場所である。あの頃、うどん粉丸めて食紅で色付けた赤団子に竿を自転車に乗せて通ったあの沼だ。獲物は「くち細」少々であったが、それでもうれしくてうれしくて、何度も入れ物を眺めていた懐かしい場所だ。

水が抜けた沼を見ると、深いので驚いた。河童が棲んでいた気配は無かったが、こんな山奥の沼で、子供たちだけで水に引き込まれていたらと思うと。

携帯電話も何もなかった頃、子供たちは多くの経験の中で身を守るすべを身に付け、小さな冒険を続けていたのである。沼はもう無かったが、何十年ぶりかで来られたうれしさで、帰りはスピード上げて家路についた。
a0193762_832413.jpg

谷戸の猫はのんびりしたもんだ。
a0193762_8325474.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-16 17:00 | 湘南藤沢

アンペアダウン

「アヤトチエがサブと結婚したんだって!」と帰宅早々相棒にさけんだら、「ウエトアヤがヒロと結婚した話じゃないの!」「だいたい”サブ”って誰よ?」と言われてしまった。ウエトさんは顔がわかっていたのだが、中途半端な知識でものを言うべきではない。

そもそもテレビをほとんど見ないので、最近の芸能界、特に若手はまったくわからないのだ。YAHOOのニュースにカタカナの芸能人の名前を見るが、顔が思い浮かばない。若手で気になっているのは、アウトドアでも活躍されている「イノッチ」さんくらいであるが、それでも、フルネーム?は、と聞かれると沈黙してしまうのだ。知っている芸能人はほとんどわたくしより歳上である。

自宅でテレビを観るのは、朝・夜のニュースと休日に多少と「梅ちゃん先生」くらいで、相棒はけっこう観ている様だが、けして”ヘビーユーザー”とは言えないわが家である。テレビはブラウン管で2011年度製造のものだが、初期不良でブラウン管を交換して以来順調に働いてくれているし、今のところ液晶に変える予定はまったく無いのである。

さて、そのテレビも液晶に変えると消費電力が少なくなるのだろうが、先日買った簡易メーターで各電器製品のアンペア数を計っても、掃除機・ドライヤー・電子レンジ等常時使わないもの以外は、最大限合計しても20アンペア程度であるので、早速本日アンペア・ダウンを決行したのである。

作業後に、「電話でお申込みいただくと、その日から日割りで安くなりますよ」と衝撃的なことを言われた。今回、わが家はネットで2週間先の日を予約したのだが、ネット予約の場合、工事日から日割りで安くなるようで、2週間分損をした感じだ。こちらの情報収集不足なのだが、このご時勢、電気会社もこんな工事を積極的にはPRできないだろう。
a0193762_11125100.jpg

a0193762_112362.jpg

作業は10分程度で、工事とも言えないようだ。それでも、ブレーカーの表示が10アンペアダウンすると、何故か妙な達成感を感じたのだ。もっとも、わが家は当初から50アンペアで6年も過ごしてしまったので、今頃40でもOkと判断したのが遅かったのかもしれないが、今後は毎月の基本料金が273円、年間では3276円安くなるのである。

3200円と言うと、わたくしの好きな金ちゃんが29本近く飲めるぞと思うのだが、それを言うと、相棒からは「それなら、プレミム・モルツを16本くらい飲んだほうがいいんじゃないの!」と言われそうだ。

毎月の料金節約は結果の話で、今後はますます、「必要な器具を必要な時に使う」という当たり前のことを徹底して、電気の無駄な使用を削減して行こうと思うのだ。

それにしても、なぜ電気の基本料金は、50アンペアで1092円、40で1365円と実に1円刻みの半端な金額なのだろうか。1円の違いも全体ではとんでもない金額になるのだが、保養所の運営費用までを”総コスト”に入れられ料金が決まっていたかと考えると、ただただあきれ返るしかないのだ。今日工事に来られた人は、わが家の後20軒でアンペアダウン工事を予定しているとおっしゃっていた。一方では、火力の燃料費高騰で値上げ、方や個々人はアンペアダウン始め、負担増対策実施と、どうにもこうにもこれから電気料金はどうなっていくのだろう。

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-15 18:09 | 雑感雑観

土曜の朝

今朝の西洋屋敷。
a0193762_714073.jpg

昨日はちょっと気分の良いことがあり、夕飯の延長でワインをちびちび飲みながら夜更かしをしてしまった。夜更かしと言っても午前0時を少し回ったくらいであるが。

イヤホンで音楽を聞いていたら、「むーん、て唸らないでよ」と相棒に背中をたたかれた。以前も同じようなことがあったので、イヤホンで聞きながらも油断出来ないのである。その時は、知らない間に歌を口ずさんでいたのだが、昨夜は別に「むーん」なんて唸ってはいなかったのだが。どうも2人でいるときに、長時間の「沈黙」が相棒は苦手なようで、ちょかいを出してくるのだ。

ところで、テレビはEテレをつけていたのだが、なかなか質の良い番組をやっているので驚いた。オーク・ヴィレッジの稲本さんが出ていた番組に見入ってしまったが、いつの間にかNHKもがんばっていたのだな。
a0193762_714181.jpg
a0193762_7143051.jpg
a0193762_7144633.jpg
a0193762_7145755.jpg

土曜日の朝、眠かったが5時半に起きて散歩にでかける。いつもの畑中の道。先日、富士山に初冠雪のニュースがあったが、遠くから見るにはまだ夏の山だ。住宅街にあるレストラン。庭にも気を配っているようで、時々足を止めるのだ。

今朝は散歩をしている人が多く、10人くらいと「おはようございます」のあいさつをした。みな、わたくしの先輩のようだ。歳を重ねると「寝れないのか」「寝るのがもったいない」のか、いずれにしてもみな早朝から楽しそうである。

空気もさわやかだし、朝の散歩をもっと楽しむ人が増えればいいのに。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-15 08:12 | 湘南藤沢