ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ご住職

境内、社務所前の枝垂れ桜。今年は開花が早いようだ。
a0193762_6291156.jpg
a0193762_631311.jpg

先日の日曜日、昼過ぎから近所のお寺に行った。

このお寺の桜も見事で、川沿いの樹と違い、往来の都合で枝を伐られることもないので、年輪を重ねた大木は、のびのびと青空に向かって春を喜んでいるようだった。

帰りぎわ、枝垂れ桜の前にたたずむ住職さんにお会いした。

御歳94歳。「何代目です」と自らおっしゃっていただいたのだが、このお寺が700年くらい経っていると聞いていたので、その大河のようなご住職の歴史に、地元の繁栄の日々をを思わず想いうかべていたのだ。

それにしても、柔和なお顔に大きな眼が力強く、背は”1度”たりとも曲がってない印象だ。われわれににこやかに会釈をして、手を合わせてくださり、「段差に気をつけて」と、3度も言ってくださった。

晴れた日は、境内を30分から1時間散歩をされるらしい。しばし、話しをうかがってから、枝垂れ桜を何枚か撮った。
a0193762_6312797.jpg
a0193762_6313947.jpg
a0193762_6322747.jpg
a0193762_6334313.jpg
a0193762_6353172.jpg
a0193762_637945.jpg

境内の全ての桜の樹齢をご存知かと思われるご住職さんに送られて、満開の境内を後にしたが、珍しく、桜の樹の下で3人組が、酒盛りで大声を上げていた。

「境内で飲酒禁止」とは書いてないようだが、なぜがそこだけ妙に”浮いて”いたのは、あのご住職さんにお会いした後だったので、なおさらだったかもしれない。

それにしても、あの手を合わせたお姿は、境内にある「上人さま」の像、まさにそのものであったと、後になって気づいたのである。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-31 08:15 | 湘南藤沢

昼休み

a0193762_14123814.jpg

a0193762_14123873.jpg

a0193762_14123825.jpg

久しぶりにワンコイン・ランチを急いで食べて、初めての「昼休み遠征散歩」をした。

川沿いの桜が名所だと耳にしたので、20分ばかりのんびり歩いた。

このあたりは海に近く、川を海水が逆流し、潮の香がする。見れば、無数の牡蛎がびっしり張り付いている。誰が仕掛けたのか、ペットボトルの仕掛が。何も入ってないようだが、楽しそうだ。

だいたい子供の頃から「水辺」の誘惑には弱かった。「ここで釣り禁止」の看板など読んだら、会社のロッカーに竿を隠しておきたい気分になるのだ。

それにしても、新橋の頃には、想像もしなかった昼休みだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-28 22:13 | 雑感雑観

間もなく開園

見上げると首が痛くなりそうな、邸の木々。遠くから眺めていた風景が目の前に。
a0193762_18241261.jpg

夕方、笑点が始まる頃に風呂から上がると、遠くでホーホケキョの鳴き声が聞こえていた。桜といい、春の訪れがあまりに早すぎて、少々うろたえてしまうのだ。うろたえついでに、衣装箱から早くも”短パン”を引っ張り出し、湯上りのノンアルコールビールを楽しんだ。

さて、近所の別邸庭園がついに開園になる。今日は、内覧会が開催されたので、買物の途中で相棒と寄ってみた。
a0193762_18241382.jpg
a0193762_18244147.jpg
a0193762_18244239.jpg
a0193762_18251051.jpg
a0193762_18251557.jpg
a0193762_18254254.jpg
a0193762_18254335.jpg

今回の開園は、案内図の緑色の部分だ。
a0193762_18261810.jpg

西洋屋敷といい、この別邸庭園といい、近所になんとも楽しい”大人の”散歩コースが増え、ノンアルコールビールを飲みながら、「うふふふ」と子供のような笑みがこぼれてしまうのだ。

それにしても、半世紀以上も地元に住んでいて、初めて訪れる場所があるというのも、幸せなことである。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-24 20:07 | 湘南藤沢

桜の頃

大樹の根元からも花が。今年の桜は見事に一気に開いたようだ。
a0193762_18273080.jpg

先週の金曜日は、久しぶりに新橋で飲んだ。今月末で退職する2人の壮行会だった。

2人とも、退職年齢を待たずの早期退職者だ。今は、わたくしの勤務している沿線の別のオフィスにいる。1年半前の秋まで、新橋で一緒に仕事をしていたので、飲んでの話は、もちろんその頃の話題になるのだ。

日中、体調が芳しくなかったのだが、勤務先を出て、電車に飛び乗ったらその2人も偶然乗っていて、一気に元気になった。結局2次会のカラオケにまで行ってしまい、帰宅は午前様であった。

しばらく、2人とも飲む機会はなさそうであるが、再会はやはり新橋がいい。
a0193762_182758100.jpg
a0193762_18283369.jpg

土曜日、桜が一気に開花したので、例年訪れる川沿いの桜を観にいった。実に見事な満開で、川沿いのサイクリング道路は、桜のトンネルになっていた。
a0193762_182757100.jpg

a0193762_18283457.jpg
a0193762_1829215.jpg

足元にも春の花々が。相棒が土手に土筆を見つけた。子供の頃、土手でたくさん採っては、母親に料理してもらった記憶がある。あのほろ苦さが懐かしい。今なら、ビールに最高であるだろうなあ。
a0193762_18293556.jpg

午前中はやや二日酔いの感じであったが、ここに来た頃から、急激に回復してきた。何かとストレスの多い春であるが、花の風景は、交感神経の高ぶりを鎮めてくれるに違いないのだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-24 18:47 | 湘南藤沢

よみがえれ

a0193762_17453698.jpg

3月、再生の季節。
止まっていた時計の針をゆっくり滑り出させるように、誰かが静かにゼンマイを回した。
a0193762_17474562.jpg

久しぶりの西洋屋敷。今日は月1の掃除の日なのだが、また出遅れて昼近くに門をくぐった。満開の椿の紅色が目に眩しい。
a0193762_17455480.jpg

春風がドアを押したのか、新しい風がそこに吹き込んだ。
a0193762_174657.jpg

a0193762_17461727.jpg

西洋屋敷の一角、”一瞬”時間が止まっていた空間に新たな命が吹き込まれた。
a0193762_17462866.jpg

作業のおがくずにも、みなの想いが。
a0193762_17473054.jpg

土に埋もれた赤レンガも、出番を待つ。
a0193762_17464096.jpg

造型と自然へのオマージュ。子供の頃にはおよびもしなかった。
a0193762_1748132.jpg

よみがえれ、よみがえれ。花も、木も、主の想いも。
a0193762_17482866.jpg

動き出した針は、止まらない。
a0193762_17465579.jpg

それにしても、何とも気分の良い場所。
a0193762_1747127.jpg

そして、今年もまた、この門をくぐる楽しい時間を願う。
a0193762_1748032.jpg

西洋屋敷の近くの公園でも、河津桜が満開。
近所のおば様が、「良い季節になりましたね」と、やわらかく腰を曲げてくださった。
a0193762_17484023.jpg

a0193762_934121.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-20 09:04 | 湘南藤沢

フラワーセンター

a0193762_123560.jpg

先日、用事を済ませた帰りに、家族でフラワーセンターに寄った。

前回は、早朝ジョグのときに、蓮の早朝鑑賞会に立ち寄ったのだが、実に8ヶ月くらいぶりである。もっとも、その前は何十年も訪れなかったので、いかに地元の良さを堪能してなかったということだ。

このセンターは、エリアごとに、四期の花々・樹木を配してあるので、手軽な散歩コースで、これからはもっと楽しもうと思うのだ。

昔は、遠足の定番コースで、入り口の「花時計」の前で記念撮影をして、お弁当を広げた記憶があるが、今はどうなのだろうか。

今回は、地元の先輩たちが芝生で、ビール・焼酎類を広げていた。中には、ラクダのステテコ上下をビシッと決め、気持ちよさそうに伸びをしていたおじ様もいたが、なんとものどかである。

われわれも、じきに健康保険証等を見せると、100円で入園できるようになるので、ぜひ存続してもらいたいのだ。
a0193762_1232942.jpg
a0193762_1233959.jpg
a0193762_12417.jpg
a0193762_1241091.jpg
a0193762_1243155.jpg
a0193762_1243859.jpg
a0193762_125032.jpg
a0193762_1251278.jpg
a0193762_125409.jpg
a0193762_125461.jpg
a0193762_126798.jpg
a0193762_1262265.jpg
a0193762_1264826.jpg
a0193762_1265626.jpg

今回は、温室の花々、梅の小道、河津桜に玉縄桜、そして”ぼけ”の競演を鑑賞した。
マーヤ君の親戚も、待ちきれずに、蜜の収集に来ていた。全身の緊張感が一気に解ける、春の日だ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-17 08:43 | 湘南藤沢

力持ち

a0193762_8523798.jpg

1月から始めた部屋の中でのミックス・ベジタブルの水耕栽培、1回目は、大きなボウル3杯くらいの収穫があった。

産直の極みで、栽培地からお口まで、ボウルに盛り付けても2・3分であるので、みずみずしいこと。土を使ってないので、洗う必要もないくらいで、ドレッシングなぞ使わずに、むしゃむしゃと食べてしまったのだ。

相棒ともども、すっかり気分が良くなり、早速2回目の収穫に入った。
ずいぶん気温が高くなったので、種を撒いて2・3日で、暗室にしてあげていた段ボールを持ち上げて、いっせいに芽が出てきたのだ。

相棒が、キッチンで、両手で天井を持ち上げるポーズ(サザエさんのタマ風)を決めたので、わたくしも早速、たくましい芽たちの写真を撮ったのである。

気が付けば、ベランダや2号農園のプランターが賑やかになって来た。
a0193762_853094.jpg
a0193762_8531226.jpg
a0193762_8532371.jpg
a0193762_8533528.jpg
a0193762_8541040.jpg

庭の河津桜も終盤。やはり、花の命は短いようである。
a0193762_8542619.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-16 09:10 | 湘南藤沢

春の競演

a0193762_9112080.jpg
a0193762_9114182.jpg
a0193762_9115160.jpg
a0193762_9121111.jpg

一気に気温が上がり、庭の河津桜と枝垂れ梅が満開になった。桜の方は、青葉も吹き出し始め、春を通り越し、初夏の気配も感じる。いい季節になったなあ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-09 09:18 | 湘南藤沢

別邸庭園

あの、「ピンポン・ダッシュ」の日々から40年以上経ち、ついにあの禁断の「別荘」に入れる日が間もなくやって来そうである。しかも、門番のおじさまに追っかけられることなく、大手を振って、堂々と入れるのである。

今回は、整備計画の関係で、西側の半分らしいが、この別荘(別邸)も悲しい運命を辿ったので、この日を迎えるまでの関係者の努力には頭が下がるのだ。

もっとも”半分”と言っても、航空写真を見ても広大な敷地なので、当日は、水筒に携行食を持って、厳かに訪れたいと思う。近所の西洋屋敷と一緒に、最高のお散歩コースになりそうだ。

待ちどおしいなあ。

●〔参照〕横浜市 環境創造局「俣野別邸邸園」
※西側は4月に入れるのでしょうか。東半分も大分工事が進んでいるようですが。


a0193762_1542312.jpg

さて昨日も、梅をもとめて、地元の名所を訪ねた。今回は、城址公園だ。
大庭城は、15世紀に太田道灌が築造し、その後小田原北条氏が改修したと伝えられているが、今でもその城跡には、堀や柱の遺構が残っている。

周囲はすっかり住宅地であるのだが、その小高い丘に登れば、なんとも気持ちの良い春風に出会えるのである。
a0193762_15431257.jpg

一本の木に、紅白揃い咲きの梅。なんか、めでたい感じだ。
a0193762_15424322.jpg

こぶし咲く、あの丘北国のお♪
a0193762_1543139.jpg

蕾も花もちょっと尖った椿だ。
a0193762_16344035.jpg

葉っぱの裏に、セミの抜け殻が残っていた。あの賑やかだった去年の夏の名残り。
a0193762_15432963.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-03 10:25 | 湘南藤沢

満開宣言

a0193762_11312761.jpg

庭の河津桜、ついに満開。
メジロが2羽早速遊びに来ました。室内からなのでぼんやりと。
a0193762_11313817.jpg
a0193762_11315155.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-03-02 11:36 | 湘南藤沢