人気ブログランキング |
ブログトップ

大鋸字外原(とばら)より

shonanrun5.exblog.jp

タグ:ガーデニング ( 36 ) タグの人気記事

甘い

a0193762_1353230.jpg

今朝、車でいつものルートを通ったら、TVでも紹介されたあの川沿いの野菜売り場に、真っ赤なトマトが並んでいた。

いつもなら、とっくに売り切れてる時間なのに、収穫量が一気に増えたのか。それとも名物の「樽トマト」とは違うのだろうか。

さて、わが家のトマトも一気に生長し、葉陰をのぞくと、すっかり赤く熟したみずみずしい玉々が鈴なりになっているではないか。

今年は、水耕栽培2株、プランター植えがいつのまにか増えて、10株になっているではないか。「いつの間にか」と言っても、実は、分け芽を切って挿し木を始めたら、どんどん増えてしまったのだ。
a0193762_1354429.jpg

昼時、水耕栽培のやつをもいで試食。ちょっと固めかなと思いきや、実にまったくピッタリのタイミングで、しかも甘いこと、甘いこと!

やはり、水耕栽培はすごいのだ、とニンマリしながら感激したのである。

それにしても、この夏は一体いくつのトマトを食べれるのだろうか。ひやひやのトマトに、喉が痛くなりそうなほどキンキンに冷えたビール!

はしりの時期だというのに、先のことばかり考えてしまうのだ。
by goshonanrun55 | 2014-06-14 13:21 | 湘南藤沢

紫陽花

a0193762_10495460.jpg

昨年の春に一株いただいた紫陽花が、今年も咲きだした。

入梅が早く、入ったとたんにいきなりの大雨。先週の日曜の青い空が、早くも恋しくなってきた。

これから1ヶ月以上、うっとうしい空模様が続くのだが、紫陽花はやはりこの季節が似合うのだろう。
a0193762_10501068.jpg

紫陽花は、土壌の性質により花の色が変わるとも。
おじさまも、酸性・アルカリ性などとはっきり言えるころに帰りたいのだ。
a0193762_10502449.jpg

by goshonanrun55 | 2014-06-08 10:51 | 湘南藤沢

水仙

a0193762_14433487.jpg
釜石から友人経由で届いた水仙が、わが家の庭で2回目の春を迎えた。

昨年の春は、あまりパッと開かなかったのだが、先日相棒が可憐な花を見つけたのである。

湘南の土壌にも慣れてくれたのかもしれないが、なぜかミントと並んで咲いているのがほほえましいのである。



by goshonanrun55 | 2014-04-12 14:57 | 湘南藤沢

台風対策

a0193762_11131926.jpg

敬老の日の3連休後半は、台風の接近で大荒れになりそうだ。
明日の午前中に関東へ一番接近しそうな予報だが、今朝も未明から時折大きな音をたてて雨が降り始めた。

この8月30日から、「特別警報」の運用が開始された。「特別警報」は、これまでの「警報」の発表基準をはるかに超える、数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表されるようだが、今回の台風は、2日間近く、雨や風の影響を受けそうなので、小まめに情報をチェックして、十分に警戒しようと思う。

いったん雨が上がり、昼前には日がさしてきた。一羽の小鳥がベランダに現れて、何かを探しているようだ。嵐の前に、腹ごしらえに現れたのかな。ブルーベリーの鉢を覗き込むようなしぐさをしていた。

さて、天気の良かった昨日のうちに、ベランダを片付けた。物干し竿を下ろし、水耕栽培用のビニールハウスは部屋に収納、メダカの住処にはよしずをかぶせ、水耕のトマトは、支えていた紐を外し、ベランダに横たえてあげた。

トマトは、少々勢いが無くなって来たが、まだまだ実を付けてくれているので、何とかこの台風をしのぎ、秋まで楽しませて欲しいと思うのだ。

それにしても台風のコースが気になる。家の中では、懐中電灯・蝋燭ランタン・手回し充ラジオなどの準備をした。
by goshonanrun55 | 2013-09-15 11:38 | 湘南藤沢

TOMATO

a0193762_18232985.jpg

トマトの成長力、夏の暑さに負けない力強さに感心し、栽培事業が週を追うごとに拡大している。

現在、水耕栽培3株、プランター(土)栽培2株の、計5株の陣容になった。

水耕栽培3兄弟の、長男・次男は、それぞれ個性がある。小玉の次男は勢い良くマシンガンのように玉を放出し始めてくれていたのだが、いよいよ長男が「大輪」を真っ赤に熟してくれたのだ。

今日は、いよいよ、わが家の水耕栽培事業「長男」部門の収穫祭だ。

”と・お・め・い・と・う”などと、どこが切れ目かわからない発音をしながら、相棒と、株から大輪をもぎ取ったのである。

収穫、「お・め・で・と・う!」
by goshonanrun55 | 2013-07-14 18:44 | 飼育日記

いけす

a0193762_10103693.jpg

メダカの産卵期、これから夏が終わるまで、住処の水草に毎日無数の卵を生み付ける。
水替えをしている最中にも、身体を「”く”の字」にくっつけるカップルがいたり、ほほえましさのなかに、子孫を残す貪欲な本能に感心する夏が来た。

ところで、抱卵を始めて1ヶ月近く経ったのに、稚魚の姿を見かけない。通常、10日ほどで誕生するのだが。
これは、間違いなく、親メダカが稚魚を食べてしまっているに違いない。この時期はものすごい食欲で、餌も、昼食に夕食、ときにはおやつまであげているのだが。

これでは、いくら産卵しても1匹も育たない可能性があるので、ネットで検索して、「いけす」を買ったのだ。

水耕事業の次は「養殖事業」開始のようになって来たが、そもそもこのメダカは、地元の絶滅種を、大勢の里親が預かり、いつか昔のように川で泳いでもらいましょう、という壮大な計画なので、工夫をしなくてはならない。

昨年は、住処を増設したのだが、わが家の狭いベランダには、これ以上の水槽は無理なので、写真のようなネット製のいけすを浮かべたのだ。

昨日の朝、卵が付いた水草を入れたら、夕方にはたくさんの稚魚が確認できた。なるほど、これなら稚魚も安心して成長できるだろう。親メダカは、水面が狭くなり窮屈なようだが、同じ住処で仲良くやってもらいたいものだ。
a0193762_10104954.jpg
a0193762_1011170.jpg

土と水耕栽培で4株のトマトを育てているが、どの株にも鈴なりにトマトがなり始めた。試食を始めたのだが、どうも水耕栽培のトマトは甘いようである。今年の夏は、氷で冷やしたトマトとビールが楽しめそうで、わくわくしている。

先日の夕飯の材料。自家製の、ゴーヤ・ナス・クレソン・トマト(しし唐も)で、新鮮な野菜料理が楽しめたのだ。
a0193762_1010879.jpg

by goshonanrun55 | 2013-06-30 10:45 | 飼育日記

雨上がり

a0193762_9232763.jpg

明け方、雨の音で目が覚めた。
昨夜は蒸し暑くて、窓を開けて寝てしまったがさすがに今朝は涼しくて、布団の中でくしゃみ3回。

雨が霧になり、裏庭の植物たちの緑が目にも鮮やかだ。

春に、近所の別邸でいただいた紫陽花が3輪開いた。
この時期、湘南の紫陽花の名所は、どこも大勢の人だろうが、わが裏庭に咲いた3輪は喧騒とは無縁で、なかなか風情があるのだ。
a0193762_9234211.jpg

早くもゴーヤが食べごろになった。裏庭なので”カーテン”効果は期待してないのだが、昨年より生育状況良く、たくさんの実を付けてくれそうだ。
a0193762_9235499.jpg

by goshonanrun55 | 2013-06-16 09:36 | 湘南藤沢

トマト

a0193762_10193362.jpg

水耕栽培のトマトが急成長し、溶液の補充が忙しくなって来た。
a0193762_10194471.jpg

裏庭でもプランターで、トマトを始め、ゴーヤ・きゅうり・しし唐などを育てているが、水耕の方が成長が早いようだ。もっとも、裏庭に接する隣家のトマトも急激に成長しているので、日当たりの関係が大きいのだろう。 
a0193762_1019557.jpg

水耕は、トマトの2種類の苗を、1つの箱に植えたので、実の大きさがだいぶ違うようなのだが、すでに無数の実が確認でき、下のほうは赤くなって来た。

丈もどこまで伸びるのか、溶液と太陽で、これだけ急成長するとは、水耕栽培はすごい。
by goshonanrun55 | 2013-06-10 06:51 | 飼育日記

焦るころ

a0193762_7535044.jpg
a0193762_754496.jpg
a0193762_7541843.jpg

a0193762_7543148.jpg
a0193762_7544598.jpg

a0193762_10261633.jpg
a0193762_10263776.jpg

緑で身体が染まりそうな今、庭でやりたいことがたくさんあり、気持ちが焦る頃でもある。

近所の市場に行くと、大興奮状態になる。野菜の苗、ハーブ、可憐な花々と、何時間いても飽きないし、さて、猫のひたいのようなわが家の庭を考えたときに、一体何を植えればいいのか、悩む悩む。

初夏のこの時期は短く、心地良い汗をかきながら、夏の収穫に向けて作業できる時間は、本当に貴重であり、最近のわが日々の中では、充実のひと時であるのだ。

昨日は、朝7時頃から動き出した。

水耕栽培の最終形を決めた。「室内の湿気がひどい。床にあなたの足跡が着いてる!」という、わが相棒の鶴の一声で、扁平足の足の裏を眺めながら、全てベランダに集合させた。

おかげさまで、例のキット他、発砲スチロールやら、ペットボトルの装置が並び、野菜の種類も、トマト・なす・ミックスベジタブル・クレソン・バジル等々、かなりのラインナップになったのだ。

それから、花壇の花を植え替え、昼食に出かけがてら、またまた市場でトマトと”しし唐”の苗を購入、夕方再び庭に出て、今度は、プランターに、きゅうり・トマト・しし唐などを植え込んだのである。

こうして書いているだけで、せわしない一日であったのだが、あっという間に、夕方になってしまった。

実は昼も、近所の蕎麦やさんでビールを飲んでしまったのだが、夕方、1日の仕事を終え、本格的にビールを飲み始めた。肴は、相棒に「いわしの梅煮」をリクエスト。水耕栽培のクレソンのサラダや、空豆を鞘ごと焼いてもらい、次から次にプシュと缶を開けた。最高の宵だ。

庭では、河津桜の木にさくらんぼがたくさん実り、ベランダのブルーベリーも、今年は数えきれない実をつけ始めている。焦る季節は、梅雨入りまで続くのだ。
a0193762_7551814.jpg

a0193762_1043796.jpg

by goshonanrun55 | 2013-05-19 10:34 | 湘南藤沢

クーラーボックス

a0193762_13315835.jpg

連休前半、出かけないと決めたら、暖めていたことを次から次にやりたくなってしまった。

昨日は、夕方に、思い立ったように釣具屋さんに行き、発砲スチロールのクーラーボックスを買って来た。
家の近所にありながら、入ったことがなかった大手チェーンの釣具屋さん。店内は目がクラクラしそうな宝の山で、あの渓流釣りや磯釣りに夢中だった頃を思い出してしまった。

そうは言っても、目的はボックスなので、お金を払い、足早に帰宅した。あせる気を抑え、早速、箱に細工をする。そう、水耕栽培用の容器なのだ。

アルミフォイルをぐるりと貼り、苗を活けるポッドを設置し、ハイポネックスの溶液を9ℓ。銀色に光った、その箱の上で、わがトマトの苗は、これから夏に向かってぐんぐん溶液を吸い込み、太陽のような真っ赤な実をたくさん漬けてくれる(はず)のだ。

それにしても、銀色というと「ミラーマン」を思い出してしまうのが、歳である。「ミラーマン!」彼は、いったい何者であったのであろうか。

昨年の夏から育てていた、裏庭のハーブが、冬を越えて新緑の季節を迎えようとしている。葉に近づくと、なんともいえない癒しの香りがするのだ。
a0193762_13321053.jpg
a0193762_13322491.jpg

by goshonanrun55 | 2013-04-29 18:51 | 飼育日記