ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

タグ:旅 ( 4 ) タグの人気記事

腰越へ

a0193762_2236756.jpg

夕方、腰越へ出かけた。
a0193762_22375133.jpg

春の宵一刻、赤ワインがしみた、しみた。
a0193762_22434675.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2014-04-12 22:45 | 湘南藤沢

今日も鎌倉散歩

a0193762_7455955.jpg

秋晴れの昨日は、相棒の買い物に付き合い鎌倉に出かけた。

わたくしは横浜の歯医者の予約があったので、午後に相棒と鎌倉駅で待ち合わせをした。
久しぶりに横須賀線で鎌倉に向ったのだが、車窓を見ながらぼんやりしていると旅行気分になるので不思議だ。

鎌倉では、以前から食べたかったパン屋さんで、硬いパンのオープンサンドとコーヒーをいただいた。テラス席で青空を眺めながらの遅いランチ。秋の空気はさわやかで、相棒とののんびり食事を楽しんだ。

相棒の用事を済ませ、路地裏を散策する。鎌倉の町は、有名な史跡もさることながら、風景に溶け込んだ古い家、家族の思いを感じる家、庭にこった家、そして贅をこらした家など、眺めているだけで楽しいし、飽きないのだ。特に植木や花の植え方などすごく参考になる。

わたくしは、商工会が「オクトーバー・フェスタ」を開催していると聞いていたので楽しみにしていたのだが、各湘南地ビールのコーナーの前は長蛇の列で、早々に諦めて長谷まで歩き江ノ電で家路についた。
a0193762_7471420.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-10-21 09:25 | 湘南藤沢

じゃがいも

昨日は久しぶりに昼からカラオケに行き、妹たちに自慢の喉を披露した。

喉が疲労したので、昼から生ビールを2杯飲んで気分良くなった。
2時間遊び、帰宅後水を撒く。シャワーを浴びたら、またビールが飲みたくなり、缶にうっすら霧がかかっているくらい冷たく冷えたビールをプシュと開けた。

(くどいようだが、相棒は大変だけど)自宅で過ごす夏季休暇もなかなかいいもんだ。
a0193762_722886.jpg

夕食はお寿司に、相棒特製の「ポテサラ」だ。相棒に言わせると、世の男性はポテサラが大好きらしいのだが、ご多聞にもれず、わたくしもポテサラでビールを飲むのが最高の幸せだ。

そういえば、小山薫堂さんも、「ポテサラでビールを飲む日曜の夜が最高にしあわせ」と書かれていたので、「ポテサラ党」の同士は大いに違いない。また、これほどお店によって味が違う料理もないだろうと思うのだが、わが家のも実に優秀で、ビールがとまらなくなるのである。

そんな頃、岡山県真庭市からダンボール一杯のじゃがいもが届いた。
真庭市は、ジャージー牛乳で有名な蒜山高原を水源とする旭川の流域に広がり、農業も盛んなようだ。

このじゃがいもたちは、友人のお母さんが自分の畑で育てたもので、一昨日孫たちと箱に詰めたと連絡があったのだ。

写真を撮ると、あるじゃがいもにカメラの顔センサーが反応した。よく見ると、どのじゃがいもにも表情があり、実に愛らしい芋たちなのだ。

真庭の太陽をたっぷり浴びて、お母さんに愛情深く育てられたじゃがいも。土の匂いも、あの頃の懐かしい日々をよみがえらせる。

さて、このじゃがいもたちで、相棒に食べきれないほどのポテサラを作ってもらおうかな。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-08-15 07:57 |

安曇野

a0193762_23102897.jpg

「道租神」の前で一緒に写真を撮ったら、相棒が「老けたなあ!っていうか疲れた顔してる!」と言ったのだが、返す言葉がとっさに出なかった。

「だから来たんじゃない!」が正しいリアクションであったのだが、いずれにしても、少々疲れた心と身体には、アルプスの清らかな空気と、キンキンに冷たい湧水が良く効くのを知っているので、相棒を口説き、安曇野にサイクリングに来たのである。

実際、最近2人とも何かと課題多く、恒例となった「スーパー・クレイジー猛暑」からも一刻も早く脱出したかったのだが、もたもたしているうちに8月になり、やっと実現したのだ。
a0193762_23134616.jpg

a0193762_23124033.jpg

a0193762_6582562.jpg

道祖神の前で写真を撮ったのは初日の午前中で、想定外の暑さの中を自転車漕いだので、相棒からはぶつぶつ文句を言われ、それも「老け原因」だったのかもしれないが、その後は、予定どおりキンキンに冷たい水の中ではしゃぎ、蕎麦にワインと、信州名物もたっぷり堪能し、すっかり元気になったのだ。

「ひまわり」のロケ地巡りの人波も消え、「暑い中自転車漕ぐ奇特な2人」と、地元のおばさんの好奇の眼差しを一身に受けた程、静かな夏の里であった。

有明山は見えたが、残念ながら、常念岳は雲の中に隠れ、姿を見せてくれなかった。でも、どこまでも続く緑の絨毯は眼に優しく、せみ時雨を聞くうちに日常のことはどこかに行ってしまった。

また秋に行きたいなあ。
a0193762_2059184.jpg

アルプスに積もった雪が、やがて地表から大きな音をたてて湧き出る。
川沿いに自転車を走らせていたら、アウトドア・クラブの人から声をかけられ、湧水群を水源とした細い流れに足を浸す。相棒と我慢比べだが、すぐにあまりの冷たさに勝負付かず。
流れから上がり、カヤックの話をしていたら、懐かしい人の名前が出てきた。狭い世間である。
a0193762_6593180.jpg

a0193762_20595744.jpg

a0193762_6263721.jpg

あずみの公園の水槽に信州サーモンが泳いでいた。「信州サーモン一家」の説明書きがほほえましい。お父さんはブラウントラウト、お母さんが虹鱒、出来た子供が。。。
a0193762_2114886.jpg

a0193762_16494353.jpg

a0193762_6585826.jpg

a0193762_17453384.jpg

「良い水」においしい蕎麦は約束ごとか。穂高のギャラリーのような外観のお店。
水蕎麦が付いた”もり蕎麦”。ぷっくりしたわさびを2人で摺りあう。摺り方によって辛さが異なるのが面白い。
ここが今日の終着であれば、ぜったい「桜肉かつ」を肴に日本酒を楽しんだだろうな。
a0193762_21223568.jpg

松本市内の老舗のお蕎麦やさん。店先で湧き水にキャベツが踊る。食べ終わってからこれに気が付いたのだが、冷えたキャベツに塩を振っていただくのは最高なのだ。
a0193762_21234317.jpg

a0193762_2227158.jpg

a0193762_16495528.jpg

旅の終わりは、夕暮れの旧開智学校。
地元のおじさんに「どこからいらしたのか」と聞かれ、思わず「松本の姉妹都市からです」と答える。旧祭司館の外壁に西陽がさす。
a0193762_2125575.jpg

a0193762_1656142.jpg

a0193762_2131639.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-08-11 10:44 |