ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

タグ:春 ( 27 ) タグの人気記事

里山公園

a0193762_1341299.jpg

ゴールデンウイークの最初の日曜日、相棒におにぎりを握ってもらい、二人で里山公園に出かけた。一年ぶりだ。
a0193762_13411818.jpg

今回も、帰りのハンドルは相棒に任せ、缶ビールを何本か買い、いつもの場所のテーブルでたわいの無い会話のひと時。

初夏の青空、気持ちの良い風、もりもりとした新緑。梅干のおにぎりのおいしいこと。
a0193762_1342343.jpg

a0193762_1345381.jpg

a0193762_13414037.jpg

a0193762_13422153.jpg

久しぶりにまともに太陽にあたり、日焼けのちりちり感を感じ始めたところで家路についた。
[PR]
by goshonanrun55 | 2014-04-29 13:53 | 湘南藤沢

さくらんぼ

a0193762_10183833.jpg

昨夜は夜中に1度目がさめたら眠れなくなり、そうこうしているうちに外が明るくなってしまった。

昨夜の楽しいひと時の興奮か、最近、寝つきが良くなり朝までぐっすりの日々であったのだが、久しぶりにボーっとした朝を迎えてしまった。

それにしても、明るくなるのが早くなった。
この時期にしては寒い朝であったが、カーテンを開けると陽光が眩しかった。

河津桜はすっかり初夏の装いになり、青葉若葉の中に無数のさくらんぼが見える。
a0193762_10202899.jpg

地元メダカも完全に冬眠から目覚めた。餌の摂取がすごい。
[PR]
by goshonanrun55 | 2014-04-13 10:31 | フィールド

腰越へ

a0193762_2236756.jpg

夕方、腰越へ出かけた。
a0193762_22375133.jpg

春の宵一刻、赤ワインがしみた、しみた。
a0193762_22434675.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2014-04-12 22:45 | 湘南藤沢

水仙

a0193762_14433487.jpg
釜石から友人経由で届いた水仙が、わが家の庭で2回目の春を迎えた。

昨年の春は、あまりパッと開かなかったのだが、先日相棒が可憐な花を見つけたのである。

湘南の土壌にも慣れてくれたのかもしれないが、なぜかミントと並んで咲いているのがほほえましいのである。



[PR]
by goshonanrun55 | 2014-04-12 14:57 | 湘南藤沢

雪だるまのち桜

a0193762_9531257.jpg

2週続いた大雪が解け、ふと庭の桜に目をやると、おお咲き始めているではないか。
a0193762_9534591.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2014-02-23 10:13 | 湘南藤沢

新緑深く

a0193762_17385975.jpg

連休後半の初日、横浜のデパートに相棒と買物に出かけた。

目的のものをじっくり選んだ後、ドイツのビール祭りをのぞきに赤レンガ倉庫方面に足を伸ばしたのだが、パレードの真っ最中で、ものすごい人波。目的のビールを飲むには、蛇のような行列に並ばなくてはならず、ランドマークで懐かしのカレーをいただき、ほうほうの体で、地元に逃げ帰って来たのである。

横浜のベイエリアは、実に2年ぶりであった。新聞には35万人の人出と出ていたが、一体全体どこから、わが市の人口のような人数が集まってくるのか。家の近所のバス停で降りたときに、「空気が違うなあ!」「高原だあ!」と二人同時につぶやくお出かけであった。
a0193762_17373697.jpg

そして昨日は、買物の帰りに、別邸公園に寄った。まだあまり知られてないのか、それともみんな連休は遠くに出かけてしまったのか、駐車場は車が数台、邸の中ものんびりと散策するには、最高の「人出」であった。
a0193762_1738442.jpg

a0193762_17383066.jpg

大きく息を吸い込みながら、深い緑の木々を眺め、鳥のさえずり、蝶の動きを眺めていると、ここも同じ横浜かと思うようである。なんといっても、人にぶつからないのがいい。

邸を出るときに、ビールのロング缶を1本持って、いそいそと入って行く男性とすれ違った。夕方、芝生でゆっくり1本飲むには、絶好の季節だ。いいなあ。

こうなると、連休後半の過ごし方は決まったも同然、明日は「弁当と飲み物持参で近所の公園に行こう!」ということになった。寝転んで、ビールを飲みながら本でも読んで、相棒とおしゃべりしようと思う。
a0193762_17375852.jpg

a0193762_17383189.jpg

それにしても、この邸の風景はすばらしい。近所にこんな公園が出来たのは、奇跡のようだ。
a0193762_17363246.jpg

a0193762_17373116.jpg

さて、今日は「立夏」、いよいよ夏の扉が開こうとしている。緑がどこまでも深い頃。
a0193762_1737485.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-05-05 10:27 | 湘南藤沢

クーラーボックス

a0193762_13315835.jpg

連休前半、出かけないと決めたら、暖めていたことを次から次にやりたくなってしまった。

昨日は、夕方に、思い立ったように釣具屋さんに行き、発砲スチロールのクーラーボックスを買って来た。
家の近所にありながら、入ったことがなかった大手チェーンの釣具屋さん。店内は目がクラクラしそうな宝の山で、あの渓流釣りや磯釣りに夢中だった頃を思い出してしまった。

そうは言っても、目的はボックスなので、お金を払い、足早に帰宅した。あせる気を抑え、早速、箱に細工をする。そう、水耕栽培用の容器なのだ。

アルミフォイルをぐるりと貼り、苗を活けるポッドを設置し、ハイポネックスの溶液を9ℓ。銀色に光った、その箱の上で、わがトマトの苗は、これから夏に向かってぐんぐん溶液を吸い込み、太陽のような真っ赤な実をたくさん漬けてくれる(はず)のだ。

それにしても、銀色というと「ミラーマン」を思い出してしまうのが、歳である。「ミラーマン!」彼は、いったい何者であったのであろうか。

昨年の夏から育てていた、裏庭のハーブが、冬を越えて新緑の季節を迎えようとしている。葉に近づくと、なんともいえない癒しの香りがするのだ。
a0193762_13321053.jpg
a0193762_13322491.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-04-29 18:51 | 飼育日記

ベランダ作業

a0193762_9524891.jpg

連休が始まり、夏気分が急上昇、早くも今週は5月だ。
昨日から好天が続き、いよいよTシャツ・短パン・ビーサンの、快適な季節がやって来た。

初日は、買物と、幼馴染の”ほぐし”であっと言う間に終わってしまったが、ゴーヤの苗もしっかり仕込んで来たのだ。

朝、ベランダに出るのも楽しみになって来る。メダカの水換え、植物へ水やりの一時もさることながら、今年は水耕栽培にチャレンジ宣言をしたので、早速、先日購入したハウスをベランダに設置、まだペットボトル3本とさびしい感じであるのだが、これからいろいろな野菜を栽培していく予定なのだ。
a0193762_953161.jpg
a0193762_9532914.jpg

室内で使用している、水耕栽培キットも、ベビー・リーフを2回収穫したので、いったん溶液を出して、きれいに洗った。

2回目の収穫がおもわしくなかった理由もわかった。1回目の後で、スポンジ部分を取り出して掃除しなかったため、根がスポンジの裏にびっしり張り付き、2回目のリーフ達が、根を十分に生やせなかったのである。リーフ達に栄養を十分にあげられないままに、ドレッシングをかけて、さっさと食べてしまったのだ。

容器を洗って、早速ハイポネクスの溶液を入れる。2ℓのペットボトルにハイポネクスを溶かしては、容器に注ぎ込む。この作業を今後どのくらいやるのかしれないが、溶かすという単純作業にもコツがあり、どうにも水耕栽培も果てしなく奥が深そうなのだ。
a0193762_9535935.jpg

再びスポンジをセットし、リーフの種をまいた。わたくしがやると、なかなか均一に撒けないので、お菓子や料理で鍛錬した腕前を買って、今回は相棒に撒いてもらった。

さすがに、手先が器用な相棒。種はきれいに撒かれ、にこにこしている。今度はたっぷりと溶液を吸収してくれそうで、またまた収穫が楽しみなのだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-04-28 12:01 | 飼育日記

クレソン

a0193762_1448017.jpg

それにしても寒い日曜日だった。
長野マラソンは、公務員ランナーの川内さんが優勝したが、気温0.4度聞き、市民ランナーの方たちも、さぞ厳しいレースだったに違いない。

ほぼ半年走ってなくて、復帰ポイントを考えているうちに、GWが目前になった感があるが、この時期のこんな寒さは記憶がない。また、身体が固まってしまいそうだ。

連休の好天を期待したいが、まずは長距離のウオーキングから始めるが順当だろう。昨年も、神奈川県の中央部から、江ノ島まで約30キロを歩いたのだが、今年もぜひ歩いてみたいと思う。

さて連休と言えば、本格的なガーデニングの開始時期だ。恒例のゴーヤの飼育もさることながら、今年は水耕栽培の事業拡大が大きな目標である。

今年の1月から始めた、キットによる栽培は起動に乗り、収穫量は多くないものの、新鮮なサラダが時々楽しめるようになってきた。

また、ペットボトルによる栽培も多少コツが分かって来て、先週スーパーで買ってきたクレソンの苗も、1週間経ち、グングン育っている。土曜日には、農協のお店で「ミニトマト」の苗を買って来た。”事業拡大”の鍵は、このトマトなのだ。
a0193762_14482256.jpg

ベランダにミニ温室を設置し、ペットボトルでの水耕栽培を本格的に始めるのだ。
a0193762_14483234.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2013-04-22 06:42 | 飼育日記

イチゴ=84

a0193762_18441130.jpg

イチゴを84個食べた。身体がビタミンCの塊になった気持ちがする。

普段は、あまり触手が沸かない果物であるのだが、「30分食べ放題、練乳付き」という状況は、50台のおっさんをも、何かに駆り立てるようである。
a0193762_18443556.jpg

「明日の日曜はイチゴを食べに行こう!」、と相棒と決め、当初は平塚の農園を考えていたのだが、久しぶりに、ドーンと海が見たく、イチゴも三浦の方が農園の開催時期が5月までと、平塚より1ヶ月長かったので、期待度が急上昇、珍しく9時まで朝寝坊をしたのだが、10時半には久里浜を目指して家を出たのだ。

イチゴは、やや糖度が不満であったが、それでも見事に熟した大ぶりのやつを、「これでもか」と堪能した。

白波が立った海を、逗子・久里浜・三崎・逗子と一回り。久しぶりの三浦半島周遊。マリーナなど、海べりの施設は、何か少し寂れた感じもしたが、松輪鯖や、三崎のマグロのお店は大混雑だったし、新しく出来た農協系のお店も、地元の野菜や肉を求める人で大賑わいであった。三浦半島も、やはりどーもグルメのエリアになっているのだ。

われわれの目的はイチゴであったので、三崎では、マグロをお店を”チラ見”しただけで、さっさと帰路に着いた。それでも、大海原を相棒と眺め、とりとめの無い話をしているだけで、気分が良くなって行くのだ。

さて、次はどこへ行こう。

a0193762_19283515.jpg

イチゴの花は、宅急便で届く、ダンボール箱が住まいの蜂によって受粉されるらしい。蜂蜜は作れず、「受粉専任」のミッションを終えて短い生涯を終えるらしい。イチゴを84個もいただけるのは、”けなげな蜂たち”のおかげである。

a0193762_18451240.jpg

”旅”の終わりは、逗子海岸。昔昔のデニーズの後の珈琲店で、夕暮れの海をぼんやり眺めながらのひと時。
[PR]
by goshonanrun55 | 2013-04-14 19:37 | フィールド