ブログトップ

まいにち走ろう

shonanrun5.exblog.jp

タグ:邸園文化祭 ( 2 ) タグの人気記事

邸園文化祭(2)

a0193762_186059.jpg

「湘南邸園文化際」のパンフレットを見ていると、昨日のキックオフ・イベントに始まり、12月下旬まで、湘南海岸沿いの市町村で、多くのアクティビティーや文化的なイベントが展開されるようである。

昨年の秋は、仕事に追われた感があり、あっという間に年末になってしまったので、今年はじっくり郷土を探訪し、「天高く」を楽しもうと思うのだ。

というわけで、今日は、市民会館のホールで、地元西洋屋敷の「保存募金イベント」オカリナ・コンサートがあったので、2日連続で相棒と出かけたのである。文化祭も先が長く、こんなに初っ端から飛ばしてはまずいと思うのだが、つるべ落としのごとく秋は短いので、「じっくり」の陰に「すばやく」も必要なのだ。

コンサートの最初は、ある先生のアカデミックな話があり、その後に”夫婦デユオ”のオカリナの演奏が始まった。先生の話に、相棒が寝てしまうか心配であったが、ここは堪えていたようである。オカリナは、高音切なく、低音は限りなくあたたかく、時にまぶたを熱くしながら、昨日はウイスキーのソーダ割を片手に、往年の湘南サウンドに浸っていたおっさんは、今日は少々襟を正して聞き入っていたのである。

相棒は、「オカリナで会話出きる夫婦もいいね」と感想を述べていたが、なるほど、夫婦のコミュニケーションも多様性が必要であるのだな。
a0193762_1832480.jpg

市民会館の片隅に植わっている「黒松」の木。

わが市歌(1950年制定)は、「松風に歴史偲べ(しのべ)ば」で始まり、1番は「みなぎるは文化の光」で終わる。3番は「虹高く 甍(いらか)は映えて」で始まるのだが、わたくしは幼少の頃、この歌を口ずさんでは(ホントだよ)、いい町だなと思っていたものだ。

古の文化人たちは、何を求めて、この町に居を構えたのだろう。まさか、松の木蔭で「松ノ木小唄」を口ずさんでいたわけだはないだろうに。
a0193762_184134.jpg

帰宅してから、西洋屋敷あたりに散歩にでかけた。遠くで雷鳴が始まり、ポツリポツリと来たので、急いで帰った。

●「湘南邸園文化祭」→HPパンフレット眺めてると、湘南の秋が”楽しみになるなる”のだ。
[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-04 07:09 | 湘南藤沢

邸園文化祭(1)

a0193762_6403898.jpg

夜半に猛烈な雨の音で驚いたが、今朝は朝から久しぶりの雨。温度計は28℃で、ほっとする感じだ。

昨日も、突然ざざーと大粒の雨が降るあいにくの天気であったが、夕方から「湘南邸園文化祭・キックオフライブ/茅ヶ崎館」に2人ででかけた。ブレバタのライブは2年ぶりだろうか、前回は鎌倉の「歐林洞」だった。

残念ながら雨のため、自慢の庭でのライブは中止になり、畳の大広間での開催になった。
なにやら温泉の演芸大会の赴きもあったが、ブレバタ、茅ヶ崎市長他のテープカットから始まったライブは、お酒・お食事付きで、畳の素足感覚も心地よく、大好きな往年の名曲にたっぷり酔いしれた。(幸矢さんのワンパク時代の地元話もおもしろかったなあ)
a0193762_6473768.jpg

ライブの後に、「茅ヶ崎の文化景観を育む会」代表の山口さんの挨拶があり、その後、茅ヶ崎館・5代目の森さんに館内を案内いただく。

映画監督の小津安二郎が構想を練るために逗留していた、海浜旅館は、以前は客室から海が見えたようだ。大震災にも耐えた浴室の意匠にも魅せられたが、館内は懐かしいにおいが漂い、思わず大きく息を吸ってしまった。
a0193762_6432471.jpg

□ブレッド&バター「湘南邸園文化祭・キックオフライブ」
 2012.9.1(土)海浜旅館・茅ヶ崎館(大広間)
 ブレッド&バター(岩沢幸矢、岩沢二弓)・新川博(Key)・西海 孝(g)
a0193762_6441570.jpg

[PR]
by goshonanrun55 | 2012-09-02 18:02 | 湘南藤沢